トップへ戻る

Technical Reports

オーディオ技術レポート

DV DRT XV-1tTe kaitora Ruaに代表されるMCカートリッジシリーズ、1978年以降ロングセラーを続ける質量分離型トーンアームの最新モデルDV 507MKIIなど、 高度な理論とユニークな技術に基づくダイナベクターのオーディオ製品は世界中の著名オーディオ誌及びオーディオファイルに高く評価されています。

このオーディオ技術レポートでは、特許取得技術でもあるフラックスダンパーやソフト化マグネット、KARAT 17D3に使用されている波束分散理論など、 ダイナベクターのオーディオ製品に関連する基礎理論を掲載しています。

MCカートリッジの基礎理論

波束分散理論とは

世界初の宝石カンチレバー採用MCカートリッジでもあるKARAT 17D3に採用されているわずか1.7mm長の極微細ダイヤモンドカンチレバー。 カンチレバーの材質による伝播速度の違いに着目し、波束分散理論に基づいて設計されたKARATシリーズは、 レコードの記録信号を「色付けなくそのままピュアに伝達する」という理想的な形を実現しています。

マイクロリッジ・スタイラス

ダイナベクターのMCカートリッジシリーズにおいて、KARAT 17D3およびDV 20X2 H/Lに採用されているマイクロリッジ・スタイラス。 その優れた周波数特性と長寿命の理由についてご紹介します。

フラックスダンパーとソフト化マグネット

フラグシップモデルであるDV DRT XV-1tからエントリーモデルのDV 10x5まで、全てのダイナベクターMCカートリッジシリーズに採用されているフラックスダンパーとソフト化マグネット。 その理論的背景と音質改善効果についてご紹介します。